タグ:渓流フライフィッシング ( 61 ) タグの人気記事

9月開催FFスクールのご案内です。

9月に入りさすがに秋の気配が濃くなってまいりました。

このところの大雨で8月下旬以降まともな釣りが出来ていない中部山岳の渓流ですが、

落ち着いた時にはいいコンディションが待っていたりするものです。

そんな期待も込めて「921日曜日」に今年最後の「渓流スクール」を開催いたします。

今シーズンの〆にぜひお越しください。

皆様のご参加心よりお待ちしております。


《Watchett渓流フライフィッシングスクール》


今年最後の渓流FFスクールです。

年2世代のカゲロウがそろそろ姿を見せ始める渓流で、

ドライフライの釣り上がりをメインテーマにしたものです。



内容は‥

・この季節独特の捕食スポットを見つけ出す方法。

・最良なキャストレンジ、キャストアングル、それを決定付けるスタンスの取り方。

・自然な状態でドライフライを流すためのキャスト方法とライン操作。

・テレストリアルに水生昆虫のハッチが加わるフライ選択。


~などをより具体的により分かりやすく私、鈴木寿が解説いたします。


皆様のご参加、お待ちしております。

________________________________

・日時/ 9月21日(日曜) AM9:00~PM4:00

・参加費/ スクール料金8000円+(交通費+食費+入漁料)

・定員/8名

・講師/鈴木寿(FFF公認インストラクター)

________________________________

e0136764_17070089.jpg



by watchett2 | 2014-09-08 17:09 | スクールのご案内 | Trackback | Comments(0)

九輪草の先に‥

はぁ~~~~・・・・・終わっちゃいましたね。最後は見るも無残な敗戦で・・・

また4年後ですね~次は胸のすくようなゲームを是非とも見せてほしいです。
・・とは言ってもBest16が出揃ってワールドカップはこれからが見どころ。
もうしばらく四六時中うつらな日々が続きます。

・・そんな今週、疲れ気味の体に鞭打って、北アルプスの南端にヤマトイワナを求めて出かけてまいりました。

今から15年ほど前、御嶽山の麓に流れる渓流で釣って以来、パーフェクトなヤマトイワナに出会っていません。
なので、なんとかヤマトを釣って写真に収めておきたかったのです。

今回の釣行をサポートしてくれたのは、HさんとFさん。
お二人とも底抜けに明るい源流フライフィッシャーです。
e0136764_19514075.jpg
「九輪草」が未だ満開の林道の終点は、標高1600mを超えています。
さすがに隈笹の中をもがきながら、30分かけて川に向かって下るアプローチには閉口しましたが。
e0136764_19521177.jpg
川に降り立つと、その渓相の美しさに思わず立ち尽くしてしまいます。

見事な原生林の中、苔むした岩や流木を縫う様に流れる驚くほど冷たい流水。
流れは複雑で、どこからでもイワナが顔を出してくれそうなポイントに溢れています。

もう少し短いほうがよかったかな?とも思いましたが、ロッドはいつもの7’10”#2のTXLF。
リーダーの全長はとりあえず18’にセットしました。
e0136764_19522895.jpg
両岸は周囲の森が迫っていて、十分なキャスティングスペースが取れませんから、
長めのリーダーはアプローチそのものにはリスキーです。
しかし、ヤマトイワナがドライフライに出るスポットは入り組んだ石の奥だったり、
岩盤ぎりぎりの窪みに沿った反転流だったりで、
かなりの流速の差を稼げるリーダーシステムが必要なんですね。

時間帯なのか入渓からしばらくは反応が薄いよいうに感じましたが、
途中、渓相が岩盤質の滑滝の連続の様な渓相になったあたりから、イワナたちの活性が上がり始めました。
e0136764_19524195.jpg
フライへの反応は全くスレていない様子で、ゆったりと出てきて、
吸い込む様に大型のヘアーウイングカディスを呑み込みます。
e0136764_19524936.jpg
アワセのタイミングが遅すぎてかえって難しいほど‥

それでも2度目に出て来ることはまれだから、アワセはそれなりに気を使います。
e0136764_19530051.jpg
イワナの魚体は全体に濃い飴色。
鮮やかな朱色のスポットと、腹のオレンジ色が独特で、
体長の割に大きなヒレが野性味を醸し出しています。

ニッコウイワナとのハイブリッドなのか?背中に白点を持ったタイプがほとんどでした。
e0136764_19530906.jpg
入渓から脱渓まで約9時間。久しぶりの源流で体力はすでに限界を上回っていましたが、
Exitに近くなると終わってしまうのがもったいなく思え、
いつまでもこの渓流を釣りあがっていたいと思えましたね~
e0136764_19532571.jpg
今でも少し筋肉痛が残っておりますが、また是非とも行きたい渓流のひとつとなりました。

e0136764_19533685.jpg

HさんFさんお疲れ様! 本当にありがとうございました!!




by watchett2 | 2014-06-28 19:55 | flyfishing | Trackback | Comments(0)

梅雨時ヤマメ・・

遠くブラジルの地では相変わらず熱戦が繰り広げられております。
ノックアウトラウンドに勝ち上がるチームもいよいよ多くなってきて、
歓喜に沸くサポーター達を、嫉妬いっぱいの寝ぼけ眼で見る毎日が続いて…

いやいやまだ決まっておりません!(笑)

そんな6月もすでに下旬を迎えた今日この頃。
今週は北陸方面に本流ヤマメを狙いに出かけてまいりました。

立山連峰から流れ出る各河川は、毎年この時期にいいチャンスが訪れるのですが、
そのタイミングがなかなか難しく、増水でやむを得ず撤収なんていうのもよくあること・・
今回は少々多めの水量でしたが、何とかドライフライで楽しめる条件でした。
e0136764_18322733.jpg
川原には「小町草」の可憐な花が出迎えてくれます。
この季節、特にこの地方の河川敷でよく見かけるピンクの花ですが、
もともとは帰化植物、いわゆる外来種だそうです。
しかし、既にこのあたりの風景には溶け込んで写ります。
この花を見ると北陸でドライフライのシーズンなんだな~‥などと。

川原に降りると水量はさらに多く感じられ、とてもじゃないけど対岸に渡れる場所はなく、
入渓したサイドを丹念に釣り歩きます。

ティペットにはなるべく浮力の安定しているヘアーウイングのカディス。

#10ほどの大きさで、多めのエルクヘアーの下にはCDCのアンダーウイングを施した、
岐阜の有名河川で日中使ったら、間違いなく警戒されそうなフライを結びます。

激流の中にわずかに出来る、緩やかな流れの筋を出来る限りロングドリフトで流していると・・
e0136764_18325249.jpg
ここは!と思ったレーンから銀色の魚体がフライをひったくる様に出てきます。

フックアップの瞬間、ローリングを見せる独特なファイトを楽しみながら・・
e0136764_18333490.jpg
夢中になって釣り続けると一日はあっという間に終わってしまいます。

温泉も良かったですし、こんな釣りなら何日でも続けていたいですけどね~
e0136764_18335579.jpg
さてさて、浜名湖からもそろそろといい話が聞こえて来ます。
e0136764_18342470.jpg
クロダイ用の準備も進めつつ、もう少し渓流を楽しみたいですね~



by watchett2 | 2014-06-22 18:41 | flyfishing | Trackback | Comments(0)

ぶらんこけむし・・

いよいよワールドカップが近づいてまいりました。
楽しみですね~寝る暇ないですね~
いきなり重大なミスを犯してしまいましたが・・いずれにしろ日に日に首が長くなってしまうそんな6月上旬、
またまた飛騨地方に、今回はイワナ狙いに行ってまいりました。

さすがに「水の月」と言われるだけあって、早朝からまとまった雨。
しかも天気予報は「1日‐雨」を伝えておりましたので、雨の影響が少ないところを選んで北上します。
すると、なぜか進むにつれ天候は良くなってきます。
目的の川が目の前に迫ると時々薄日も指すほどの天気。
雨の季節の山は本当に綺麗です。
しかし、湿度は思いっきり高く、朝から川中は草いきれでムンムンしております。

身支度を終え、ブッシュをこいで流れに向かうときなり目前に‥‥
e0136764_16355153.jpg
「ブランコ毛虫」
・・なんて言うアニメのキャラクターの様な別名を持つマイマイガの幼虫がお出迎えです。
よくよく目を凝らすといたるところ毛虫だらけ。

川岸の柳の木にいたってはせっかく茂ってきた葉っぱも食べつくされそうな勢いです。
特に今年はこのマイマイガ、飛騨地方で大量発生しているそうで、ものすごい数の毛虫たちが蠢いてますね~

そんなに毛虫嫌いではないですが(もちろん好きじゃないですが)あの量はさすがにヒキまくりです。
毒性は強くないそうですが、腕まくりしているとチクチク、ヒリヒリしますので、
暑いけど袖をしっかりと下ろし、防御しながら釣り上ります。

天候のせいなのか?イワナたちはよく反応してくれましたね~
e0136764_16362664.jpg
最近釣った魚たちのストマックをのぞいてみると、かなりの確率でやっぱり毛虫が見られます。
今回釣れてくるイワナたちもお腹パンパンでゴツゴツです。

栄養状態がいいのか?イワナたちはいつもに比べよりパワフルにも感じられます。
e0136764_16371517.jpg
毛虫のパターンはともかく、そろそろテレストリアル中心の大型のドライフライに入れ替える季節ですかね~
モンカゲロウも良く目につくようになって来ましたしね‥
e0136764_16373587.jpg
結局その日の予報は外れ、雨はまったく降らず。
夕方ドライフライが見えなくなるまでしっかりと釣り続けてしまいました。
e0136764_16375576.jpg
もちろん帰宅は午前様・・
これからまだまだ日は長くなりますからね~
やっぱりどう考えても今月は寝不足が続きそうです・・


by watchett2 | 2014-06-08 16:38 | flyfishing | Trackback | Comments(0)

6月のFFスクールのお知らせです。

5月も今日で終わりですね~
とくに後半はスクールやらガイドやらで大忙しの5月でした。

e0136764_16001197.jpg

からだ持つかな?などと心配もしたのですがやってみればできるものですね~

e0136764_16003768.jpg

前日まとまった雨が降ったりと、少々危うい日もありましたが結局は天候にも恵まれ、どの日もいい釣りになりました。

e0136764_16010933.jpg

ご参加いただきました皆様本当にありがとうございました。

e0136764_16013889.jpg

さてさて来月もフライフィッシングにはいい季節が続きます。

e0136764_16021145.jpg

6月のスクールは下記の様に15日に行います。

e0136764_16052718.jpg

またガイドサービスも随時受け付けておりますので、ぜひともお問い合わせください。

e0136764_16034679.jpg
皆様のご参加お待ちしております。

e0136764_16054150.jpg
「6/15(日)Watchett渓流フライフィッシングスクール」

渓流魚の活性が高まる6月。上流域のフライフィッシングを満喫していただくFFスクールです。
水生昆虫からテレストリアルに移り変わるライパターンの選択、魚達のテイキングスポットを効率よく見つけ出す方法。
また、障害物の中でのラインコントロール。などなど‥

リーダーを持ち上げたスタイルのフライフィッシングに違和感を覚え始めた皆様にも、
是非ともご参加いただきたいスクールです。
渓流フライフィッシングのゲーム性がさらに高まる筈です。
______________________________

・日時/ 6月15日(日曜) AM9:00~PM4:00
・参加費/ スクール料金8000円+(交通費+食費+入漁料)
・定員/8名
・講師/鈴木寿(FFFマスターインストラクター)

________________________________

e0136764_16062571.jpg


by watchett2 | 2014-05-31 16:10 | スクールのご案内 | Trackback | Comments(0)

ハッチに誘われて・・

山の緑も日に日に深まってきて、いよいよ渓流シーズンも真っ只中ですね~

河川によっては水温の上りが例年よりも遅れているようですが、
僕が通う飛騨地方の渓流ではカゲロウのハッチもピークを迎え、
最近ではオオマダラの乱舞が目につくようになっております。

大型のカゲロウのハッチとそれに誘われて起こるライズに出くわすと、
何もかも忘れてその場面に浸っちゃいますね~

このところスクールとガイドそしてプライベートな釣りでほとんど出っぱなしで、
さすがに疲れがたまってきてますが、そんな状況を目の当たりにしてると毎日でも川に立ちたくなります。

そんな先週の休み、前後は予定でびっちりでしたがやっぱりハッチに誘われてついつい出かけてまいりました。

最近は各ダムの下流域でも魚の育成のために放水量を増やしているそうで、
以前のように枯れ果てた川をあまり見かけなくなりました。
e0136764_18440664.jpg

その昔、ダムからの放水で遭難しかけたこともありますし、対岸から半日戻ってこれなくなったこともあるので、
つい慎重になってしまいますが、ダムがある規模の川のFFはやっぱり魅力的なんですね~

最近規模の大きな渓流を釣りあがるときにはSAGE Circaシリーズの8’9”#3を多用しておりますが、
今回はどちらかと言うと大きなプールに狙いを定めたかったので、9’#3ONEにラインをセット。

瀬を釣るには少々ロッドが強すぎる感じがしましたが、少し釣りあがってしまうとこれはこれで慣れてしまうものです。

相変わらず魚のいることろといないところの差が大きく、
また、川底の滑りやすい石で川歩きは通常規模の渓流よりも大変ですが、
コンディションのいい魚たちはやっぱりたまらないです。
e0136764_18464751.jpg
お昼頃から始まったオオマダラのハッチで各プールはにわかに活性づきます。
e0136764_18473175.jpg
いいサイズのヤマメ達が・・
e0136764_18481287.jpg
そして、そのハッチに誘われたのか50アップと・・
e0136764_18483435.jpg
60アップのレインボーまでもが‥
e0136764_18485347.jpg
うんうん、ONEにしておいてよかった~~と、実感したひと時でした。

帰りには41号線沿いで昔からトラックドライバーの食欲を満たし続けているお店・・
赤と青のパイプ椅子が昭和を醸し出す「大安食堂」でケイチャンを・・
e0136764_18492244.jpg
身も心もお腹いっぱいでしたね~


「大安食堂」
岐阜県下呂市萩原町上呂876
0576-54-1456




by watchett2 | 2014-05-23 18:50 | flyfishing | Trackback | Comments(0)

忙しい一日・・

偏西風の蛇行のせいなのでしょうか?このところ天候がなかなか安定しないですね。
例年、5月はもっと穏やかな天気が続く筈です。

毎日の様に強い風が吹き荒れてますし、夜になるとぐっと冷え込んできたりします。

その影響でしょうか?まとまった雪代がほとんど出てなくて、
河川の多くは渇水気味になってきてます。
もう少し水が変わってくれないと、魚たちの活性も上がってきてくれませんね~

GWが明けた先週の木曜日、ずいぶん久しぶりに感じたプライベートな釣りに出かけてまいりました。
目指したのはこの時期に毎年訪れている飛騨地方の本流です。

4月以降の平日は高速料金が定額に戻っていて、
まともに払うのが腹立たしいので、最近はおもに「したみち」を使うようにしております。

郡上から清見までせせらいで、高山西ICから無料区間の中部縦貫へ。
高山ICで降りて今年開通した宮川国府バイパスを経由したら目的の流れは目の前なんです。

実際走ってみると郡上からの所要時間は、東海北陸自動を使うのとほとんど変わりませんね~

そんな具合に川に降り立ったのは、ほぼ目的の時間AM9:00でした。
朝と言うにはすでに日が高く、川面にはさんさんと日が注いでいます。
水生昆虫のハッチも季節的なものなのか?時間的なものなのか?終わりかけな感じ‥

慌ててロッドにラインをセットします。

用意していたシンクティップを少し軽めにしてひと流し・・
今シーズン活躍してくれる黒っぽいニンフを押さえ込むように反応してくれたのは40アップの幅広レインボーでした。
e0136764_1423873.jpg

11’6”#7のスウィッチロッドを小気味よく曲げてくれます。
うんうん・・取りあえず幸先いいですね~
10時を回る頃にはハッチもピタリと止まり、川からの生命感が途絶えてしまいました。

なので他の本流にドライフライの釣りへ‥そうそうこの時期のフライフィッシングは忙しいのです。

しかし、次の川に到着するころから、信じられないくらい強風が吹き荒れてきます。
新緑に萌える山全体がうごめいている様。
e0136764_14271477.jpg

どう考えてもドライフライのコンディションではありませんでしたが、取りあえず川に降りてみることに‥

開けたプールが続く渓相。水量はちょうどいい感じです。
風の止み間を狙ってドライフライを流すと、すぐにいいサイズのヤマメが咥えてくれます。
何とかなりそうな感触を得て、良く目を凝らして流れを見ると風波の中、カゲロウの流下が始まってます。
プールの流れ込みではライズも・・!続けて本流らしい幅広ヤマメが・・

そうこうしているとさらに奥の流芯でいいライズ発見!

なかなか苦労しましたが、#14にサイズダウンし慎重にドリフトしたフライが波間にスッと消えます。
反射的に合わせると、とてつもない引き味。
8’9”#3のCircaが思いっきり弧を描きます。
疾走を何度となくこらえていると、水面に上がってきたのはピカピカのレインボー40アップ。
これなら満足!
e0136764_1427392.jpg

あとはワラビとコゴミ採りに没頭して、少しだけ本流を流して帰路につきました。
e0136764_1428056.jpg

いやいや、最悪なコンディションの割には充実した一日を久しぶりに過ごすことが出来ました。
3人で割った交通費も思いのほか安上がりでしたしね~~
by watchett2 | 2014-05-12 14:29 | flyfishing | Trackback | Comments(0)

5月開催FFスクールのご案内です。

ゴールデンウィークも今日で終わりですね。
今年は特に後半が天気の状況が良かったようで、
心底羨ましく思える話があちこちから飛び込んでまいりましたね~

そんな情報が飛び交う中、ひとり孤独感を味わっていたGWもいよいよ終わり・・(笑)
e0136764_1238105.jpg

さて今週から、本流へ渓流へとまたまた飛び回ろうと色々とプランを考えておりますが…
e0136764_12383174.jpg

今回は先駆けて5月に行うフィッシングスクールのご案内です。
e0136764_12385020.jpg

今月は、これまで個人の方をご案内しております「ガイド&スクール」を少人数制で行おうと思います。
是非ともご利用ください!!

《5/18(日曜)Watchett渓流フライフィッシングスクール》

ドライフライが最も楽しい5月、好評をいただいております渓流スクールを開催いたします。

内容は‥
・複雑な流れの中から魚の捕食スポットを効率よく見つけ出す方法。
・最良なキャストレンジ、キャストアングル、それを決定付けるスタンスの取り方。
・自然な状態でドライフライを流すためのキャスト方法とライン操作。
・複合ハッチの中で絞り込んだフライ選択。 ※フライのセット販売も致します。ぜひお申し出ください。

~などをより具体的により分かりやすく私、鈴木寿が解説いたします。

皆様のご参加、お待ちしております。
________________________________
・日時/5月18日(日曜) AM9:00~PM4:00 
・参加費/ スクール料金8,000円+(交通費+食費+入漁料)
・定員/8名
・講師/鈴木寿
________________________________


《5/27(火曜)渓流フライフィッシング・ガイド&スクール》

以前からご要望がありました少人数制のガイド&スクールです。

最盛期の渓流でポイントへのアプローチから、
それぞれの流れに見合ったシステム、フライパターン、ドリフトテクニックなどの解説を朝からイブニングまでタップリと行います。
ぜひご参加ください。

※その日に必要なフライのセット販売も致します。ぜひお申し出ください。
______________________

・日時/ 5月27日(火曜)  
・参加費/ スクール料金12,000円+(交通費+食費+入漁料)
・定員/4名※定員となりましたので締め切らせていただきます。
・講師/鈴木寿
______________________
by watchett2 | 2014-05-06 12:39 | スクールのご案内 | Trackback | Comments(0)

いよいよ春ですね‥

春分の日は凍えるほど寒い日でしたが、それを過ぎて春らしい暖かい日が続いております。
例年に比べて2日早く名古屋市内の桜も開花したそうです。
ようやく待ちに待った春ですね~

そんな中、日曜日は快晴の天候下、蒲田川スクールを行いました。
景色も綺麗ですし、寒くもないし、釣りをするには最高の日でしたが、
晴れた日の蒲田川はやっぱりなかなか厳しいですね。

ハッチが終わるとピタリと魚の気配も途絶えてしまう、今年の蒲田川の釣りを象徴するような一日でした。
それでも、正午ごろに始まったまとまった量のシラハラコカゲロウのハッチで何とかライズも見られ、
ご参加いただいた何名かの方々はイワナやヤマメの顔を見ることが出来・・
風もさほど強くなく、ポイントの解説やアプローチの方法の説明がいつになくやりやすかったように思います。
皆様お楽しみいただけましたでしょうか?ご参加ありがとうございました。
e0136764_13471843.jpg

そんなスクールの下見として先週の木曜も蒲田川に行っておりました。
3週続いて木曜は悪天候に見舞われているのですが前回はそれが幸いしましたね~

午前中はシトシトのちょうどいい感じの雨‥

ポイントのほとんどから魚が出てくれて、尺を超えるイワナを2匹と
e0136764_13472658.jpg

「今年のヤマメは小さい‥」と言思い続けておりましたが、
フッキングの瞬間ジャンプを見せたので、
ネットに入れるまでてっきりレインボーだと思った尺ヤマメまでも顔を出してくれました。
e0136764_1348762.jpg

2時を回った頃から雨が本降りになって少々増水してきたので、夕方を待つことなく撤収しましたが、
充実した蒲田川を今回も味わえましたね~

そろそろエルモンヒラタのハッチも見られるようになって来たし、
流れのよどみには多くのヒゲナガのシャックも漂いだして来ていますので、
蒲田の釣りもさらに大型サイズのヤマメやイワナが狙える2ndステージに突入?
フライパターンやティペットサイズをもう一度見直して出かける。なんてタイミングでしょうかね・・
by watchett2 | 2014-03-25 13:48 | flyfishing | Trackback | Comments(0)

2014蒲田川解禁‥

待ちに待った3月がやってまいりました。
これでこの地方の主だった河川のほとんどが解禁ですね~
相変わらず天候の方は安定することなく、温かくなったり急激に冷え込んだりを繰り返しております。
春特有の気候と言ってしまえばそれまでなんですが、温かくなった後の寒さは一段と身に沁みます。

何とか体調を崩さないように気をつけねば・・この時期だけは寝込みたくないですからね~

そんな解禁を迎えた3月1日、例年通り蒲田川に行ってまいりました。
本当は去年の様に解禁日を避ける予定でいたのですが、今年は2月に続いて週末解禁で、
何人かのお客さんたちが連れ立って行かれるというので、ついそれに混ぜてもらうことに‥
総勢14名。釣りももちろん楽しみなんですが、なんといっても宝山荘での宴会にそそられてしまうのです。
e0136764_16455676.jpg

1日土曜日の天候は曇り/雨。早朝の平湯峠ではさすがに雪に変わっていましたが、
栃尾に降りてくるとまた雨に。
雨量そのものはたいした量ではありませんが、先日の雨の影響か?蒲田川は少々増水気味。

川に降りる途中、川原の雪には早朝から入渓している人達の無数の足跡が見られます。
さすがに週末ですね~
僕たちが入渓した場所の上流も下流も人だらけ‥しかもほとんどが餌釣り師・・

ある程度予想はしていたけどこんなにも多いとは‥

仕方がないので比較的大きなプールでライズを待つことにします。

朝に比べて雨脚も強まり、濁りもきつくなっていきます。
水面には雨垂れが作る波紋しか広がりません。

ふと流れに目をやるとそこにはおびただしい量の魚の内臓が‥

いやぁ~いきなり萎えちゃいますね~~(笑)

今回も魚籠では足らず、ビニール袋一杯に魚を詰め込んで、
得意満面な顔で川からあがって行く釣り師を何人もみかけました。

釣った魚を食べることが悪いこととはまったく思いませんが、
昨今の渓流釣りの現状を考えると、それなりの限度があると思うんですよね~

「外来魚なんかよりよっぽど強烈ですよ…」

なんて愚痴で頭をいっぱいにしていると、水滴とは明らかに違う波紋が!

例年に比べて僅かな時間のハッチですが、シロハラコカゲロウがお昼前後に姿を見せます。
e0136764_16462076.jpg

未だ本来のコンディションを取り戻しておりませんが、35センチほどを筆頭に尺前後のイワナが数匹と、
まだまだこれから育っていくであろう、見事に綺麗な鰭を持ったヤマメ達が遊んでくれました。

結局2日間とも本当に短い時間でしたけど、蒲田川独特のマッチ・ザ・ハッチをたっぷりと楽しむことが出来


e0136764_16463384.jpg

もちろん宝山荘の温泉も料理も、青ちゃんが差し入れてくれた最高なつまみでの酒盛りも最高な時間でした。
至福な時間はあっという間に過ぎちゃいますね~
皆さんお疲れ&ありがとうございました!!
by watchett2 | 2014-03-04 16:47 | flyfishing | Trackback | Comments(0)


フライフィッシング中心の生活に写真、犬のことなどさまざまな日々を。。。


by watchett2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

スクールのご案内
イベントのご案内
flyfishing
photo
diary
Watchett

フォロー中のブログ

岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
terry's Rive...
一から出直し修業的毛鉤釣
ちちこ釣然草
(続)我流・天声・を・書く
37℃
THOMAS&THOMA...
terry's Phot...
気ままなFly Fishing
毛鉤蔵人
thunderhead 入道雲
NO FALCONRY,...
ギフの山猿「フライ日記」
Taichi's Blog
江戸のゴリ松毛鉤釣り
高太郎の箸休め
Cloud Number 9
Fluxブログ
ロ★コンろーりー。
Mallard's Blink
すいすいストリーマー
Tomorrow is ...
ひさの日記
FLYING-AMAGO
気軽に行こまい
SINGLE FOCUS...
フライフィッシングでどこまでも
釣りは遊びやでぇ~!
四季の釣れ連れに!
No life
ミノムシの徒然日記
Dry Fly Fish...
釣りたいフライフィッシャ...
FFF(Fly Fish...
Fly Casting ...
アンパラなブログ フ...
I.T.Oの日誌
Late for the...
Fly Fishing ...
へたっぴのフライループ ...
花だんごの天狗のたわ言

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

最新のコメント

イーグルキーパーさん コ..
by watchett2 at 04:46
蒲田も良いけど 今年の..
by イーグルキーパー at 19:51
明日は本番ですね。笑 吉..
by 小笠原 at 20:11
イーグルキーパーさん お..
by watchett2 at 12:46
小笠原さん 先日はお疲..
by watchett2 at 12:42
本流筋は厳しかったみたい..
by イーグルキーパー at 22:00

最新のトラックバック

犀川解禁 ・・・・・ A..
from Go easy ! St..
Fly Casting ..
from Go easy ! St..
メバル釣行・・・・・in..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
久々のSWFF
from Go easy ! St..
久しぶりの・・・・
from 岡田裕師のブログ

タグ

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31