<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

振り向いて・・

先日、リバーとの散歩で近所の公園に行きました。
町中の公園にしては木々も多く、
広い敷地内にはヘラブナ釣りが出来る池もあります。
池の畔の歩道を歩いている時、
水際で起こった小さな波紋が視界の片隅に入って来ました。

よ~く目を凝らすと護岸の上に青い小さな姿が‥

"カワセミ"です。

公園内に棲んでいるだけに、人の気配に慣れているんでしょうか?
近づいても逃げることなく、じっと水面を凝視したまま微動だにしません。

あちこちの川でよく見かける鳥ですが、こんなに間近で見たのは初めて。

よくよく見ると本当に綺麗ですね~

いつもはカメラを持ち歩いているのですが、その時に限って手元にありません。
「何で今日に限って」と思いましたが、まぁ、たいていそんなもんです‥

次は何とか写真に収めようと思っているのですが、
その後、天気も悪くなって今の所、実現していません。

釣りをしていると、それぞれの場所でいろいろな種類の野鳥を見かけます。
僕は残念ながら、簡単な種類しか知りませんが、
精通していたらさぞかし楽しいでしょうね。

野鳥の種類は何と言っても数多く、
覚えようとしても中々覚えきれないです、しかし、もしも写真に撮ることができたら、
花や木々の名前のように、その種類は確実に覚えられるのでは?
なんて思い、チャンスがあるとレンズを向けるようにしているのですが、
これはまた非常に難しい…

近くに見えてもファインダー内では案外小さくて、
どこに鳥がいるのかわからないくらいにしか写りません。

そうですよね~。
それ専門で望遠レンズを駆使して狙ってもなかなか撮れないのに、
釣りの合間のスナップでは簡単でないのは当たり前ですね‥

鳥の写真と言えば、以前、浜名湖で面白い光景を目にしました。

小さな漁港の船着き場にある、
古びたコンクリートの建造物に、2羽のアオサギがとまってたのです。

アオサギは日本のサギの中でも最大級の種類。

渓流でもよく見かけ、一瞬人影と見間違えるほど‥
そんな大柄なアオサギの片一方が、
突然その体を目いっぱい使って、派手に踊り始めたのです。

見た感じ、踊ってるほうがオスで隣がメス…
少なくても僕の目にはそう映りました。
e0136764_23245877.jpg

「ミテミテ~~ッ!!」

って言ってたかどうかはわかりませんが、とにかく一生懸命踊り続けるんです。

しかし、残念ながらメスの方は冷たく無視‥

10分以上は頑張ったでしょうか?
その後、彼女は一度も振り向くことなく、彼のもとを飛び去ってしまいました。
ハハ‥可哀想に…

写真をなんカットか撮りましたが、その模様はムービーで撮りたいくらいでしたね~

人間社会と同様、鳥の世界も難しいらしい‥‥(笑)


さて、今週の釣りはまたしてもサーフ。

今回は総勢11名、"下手な鉄砲なんとか"ってやつです。

お目当ての"アブコ"は果たして僕たちのフライに振り向いてくれるでしょうか?

乞うご期待!!
by watchett2 | 2008-10-28 23:39 | photo | Trackback | Comments(2)

出世魚・・

このところの休みはキノコ採りやらで、
まとも(?)な釣りに出掛けていませんでしたが、
そろそろ紀東のメッキもよさそうだし、
あちこちの河口でいい状態が続いているシーバスも気になる‥

さて、今週の休みはどこに行こうか?
‥などと思案しているところに
伊勢在住のNさんから電話がありました。

電話の向こうのNさんは、相変わらず威勢のいい口調で、

「アブコ調子いいっすよ~~!アブコッ!!」

「いい人は朝だけで7~8本釣ってまっせ~~!!」

行き先を迷っている時に、願ってもない情報‥・

実はここ数年、仲間ウチでサーフのフライフィッシングを開拓しようと、
あれこれ情報を集めているんです。

堤防や河口などのフライフィッシングは、ある程度確立されつつありますが
この地方のサーフはまだまだ未開な部分が多く、
計り知れない魅力を感じるのです。
何せフィールドが広大ですし、釣りそのものもオトコらしい‥
e0136764_1273066.jpg

そんなサーフでの対象魚と言うと、
場所や季節によってそれこそ可能性は限りありませんが、
今のところ僕の中で、A級ターゲットとなっているのは、
今回彼が伝えてくれた"アブコ"なんです。

"アブコ"はあの高級魚"ブリ"の幼魚。

温帯性の広域回遊魚"ブリ"は、成長に伴って呼び名が変わる"出世魚"の代表格。
古くから日本人にとって馴染み深い魚種です。

他の出世魚同様、その地方によってそれぞれの名に若干の違いがあり‥
関東では、ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ。
これが関西だと、ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ。
で、この地方はアブコ→イナダ→ワラサ→ブリ‥となるんです。

出世魚の名前は、サイズによって分けられていますから、
釣り師の間では極めてストリクトなところ‥(笑)

彼の釣ったのは45センチほどといいますから、
"イナダ"と呼んでも問題ないんじゃないの?とも思うのですが、
そこをあえて"アブコ"と言ったところに彼の"粋"を感じつつ‥

「え~~~っ!どこどこどこ!?」

電話でしたから見えませんが、嫌な顔一つせずに詳しく教えてくれて、
さらには丁寧なマップを添付したメールまで送ってくれました。

木曜の天候は、急に活性づいた前線の影響で崩れ気味。
「南東の風5m」などと消極的になりそうな予報も出てましたが、
それでも一刻も早くその教えてもらったポイントを見てみたく、
無理やり4人のメンバーを道連れに決行しました。
e0136764_1412872.jpg

まだ暗いうちに現地に到着すると、
いきなり諦めたくなるような強烈な向かい風が吹いていて、
やはり沖合いは白く波立ってました。

それにもめげずタックルをセットし、チェストハイを履いて波打ち際に立つと、
自ずとボルテージが上がってきます。

しばらくブラインドで風に向かってキャストを繰り返していると、
そのうち上空で海鳥があわただしく旋回し始めます。
すると、突然50メートルほどの沖合で凄い勢いで水しぶきが‥

その後も何度か水面がざわめきますが、なかなか届く範囲には入りません。
最大のチャンスに一度だけ手元にショックが伝わりましたが、
それもフッキングには至らず…

隣のルアーマンが投げる、ジグの飛距離を横目で見ると、
僕たちがやっている釣りは「なんて自虐的なんだろう」とも思えましたが、
そこもSWフライフィッシングの楽しみの一つなんだと思い直し、
一日がんばりましたが~~
e0136764_1322659.jpg

う~~ん‥やっぱり難しい…

もっともその日は周りの地元ルアーマンも結果が出ていなかったようですから、
まぁ、悪条件っていうことで‥

しかし、何度となく起こる激しいボイルを見せつけられ、
次こそは"飛び級出世"で"ワラサ"クラスを!(笑)
などと限りない夢が膨らみだした今日この頃なんです。
by watchett2 | 2008-10-25 01:45 | flyfishing | Trackback(1) | Comments(6)

DxO FilmPack・・

先日、店に飾ってある写真をすべて入れ替えてみました。

店をOpenしてから、ずっと同じものを飾っていたので、
「そろそろ新しいものを」と思いつつも、
つい面倒くさくて今に至ってたのです。

数年前にA3までプリントできるプリンターを買ってたので、
外注に出さなくても自分でいつでも出来たのですが、
なかなかやる気が起きなかったんですね。

しかし、一枚をプリントしてみると面白くなってきて、
最終的に、四切り三枚と六切りを六枚の、
計九枚を一気に仕上げてしまいました。

その中で、7枚がフィルムで撮ったものをスキャンした画像で、
後の2枚が最近撮ったデジタルカメラで撮ったデータのもの。

ある程度の大きさにして見比べると、
なるほどずいぶんな違いがハッキリとわかります。

どちらが良いとか悪いとか言うものではないのですが、
デジカメで撮ったものは精密で忠実に綺麗。
フィルムの画像はそこまでの緻密さはありませんが、
諧調が豊かで、なんとも言えない味があります。

とにかく、どちらもそれなりに良さがあるのですが、
本心を言うと僕はフィルムの仕上がりほうがやっぱり好きなんですね。

しかし、デジカメで慣れてしまった今、フィルムに戻るのは勇気が要ります。
何といっても便利ですし、ランニングコストも比較になりません。
本当は趣味ですからね、そのくらいの余裕がほしいのですが、
時間的にも経済的に考えても、
やはりこれからはデジタルが主体になるのは必至です。
でも、やはりフィルムは捨てがたい…

そんな中、非常に興味深いソフトを見つけました。

その名も"DxO FilmPack"

いわゆる画像レタッチソフトなのですが、デジタル画像をたったのワンクリックで、
有名な銀塩フィルムのテイストに仕上げてしまうと言った、優れものなんです。

フイルムはポジからネガ、そしてB&Wまで殆どの銘柄がそろっています。
そしてその粒状までを表現するという、笑ってしまうほどの芸の細かさ。

たとえばKodak Kodachrome 25の色合いと質感で、
Kodak Tri-X 400 の粒状感。なんていう組み合わせもOKなんです。

さっそく無料体験版をダウンロードしてあれこれとテストしてみました。

いや~デジタルならではですよね。驚くほどの出来の良さ‥
面白くて、すっかりハマってしまいましたね~

価格もそれほど高いものではありませんから、手に入れてみようかな?
e0136764_02253.jpg

秋の夜長にピッタリの新しい遊びを見つけてしまいましたね‥
by watchett2 | 2008-10-24 00:02 | photo | Trackback | Comments(0)

やっぱり山がいい・・

今週はなんだかんだと外出が多くて、
多少の疲れもありましたし、
木曜日は釣りの予定も入れていなかったから、
たまには家で"読書の秋"でもキメ込もうかな?
と、水曜の帰りに家の近くの本屋に立ち寄ってみました。

最近は久しく本も読んでなかったから、
好きな作家の新刊でも‥と思いながら
いろいろと物色してみましたが、
どれをとってもいまひとつピンとこない。

本も読むモードになっている時は、
どれもが面白く感じるけど、
無理やり見つけようとすると、
迷うばかりでなかなか決まりませんね。
半分面倒くさくなってきて、
目的もなく店内をウロつくと、
アウトドア・コーナーに積まれている、
新しい"キノコ図鑑"を発見。

この季節の本屋で、ハイキングの本などと一緒に必ずお目見えするキノコ本。

すでに何冊か買って持っているのですが、
新しいものが出るとついつい目が行ってしまうのです。

内容をチェックしてみると、
写真のクォリティが高いしバリエーションも多い。
そしてその割に値段も安かったから、
結局それを買うことに決めました。

キノコ採りでは必ず現物と写真を照らし合わせて、
確実な種類だけを採るようにしているのですが、
場合によっては本の写真と本物が、似ても似つかないことがあるのです。

生えている場所や、多少の色具合。
そしてカサの開き加減で、まったくの別物に見える事があるんですね。

だから、いろいろな条件と過程で撮られた写真を
見くらべながら決断(笑)するわけで、
写真のパターンが多ければ多いほど
"安全係数が高まる"って言うわけなんです。

一日家でゆっくりする予定でしたが、
そんな本を買ったものだから、テンション上がってしまい、
木曜の朝、暗いうちにゴソゴソ起きだして、
リバーを連れて、やっぱりいつもの林道へ…
e0136764_19575424.jpg

山は先週に比べて落ち葉が多くなっていて、
キノコ探すのも一苦労しましたが、
今回は前回に続き、いくつかの"アカモミタケ"と、
どんな料理にもあう美味しい"クリタケ"をひと株採ることが出来て‥大満足。
e0136764_19581721.jpg

半日かけてリバーと一緒にブラブラしましたが、
家で似合わない読書しているよりも、
よっぽど体が休まる気がしましたね~
by watchett2 | 2008-10-18 20:28 | diary | Trackback | Comments(2)

「鉄ぶら」・・

"鉄崎幹人"クンは地元タレント。
自らのキャッチコピーを"生涯野人"と語るほどの自然派人間です。

そんな彼の仕事は当然アウドドアものが多く、
自然観察会のガイドや、アウトドア教室のコーディネーターを受け持ったり、
愛知万博の時は「森の自然学校」のインタープリターも務めていました。

TVやラジオのレギュラー番組もいくつか持っていて、
その昔、彼の番組のひとつでフライフィッシングを取り上げたことがあり、
それに僕が出演したことが知り合うきっかけとなったのです。

先週、そんな彼から久しぶりに電話がありました。
「番組でまたフライフィッシングやってみたいんだけど‥」
と言った内容でした。

番組はローカルケーブルTVでオンエアされている
「鉄ぶら」というタイトルで、
名前のごとく、彼がアシスタントの女の子と二人で
名古屋近郊のアウトドアエリアを巡り、
海や川で魚捕りしたり、
森の散策やバードウォッチングなどを楽しんだり‥

内容は一見バラエティタッチなんですが、
グローバルウォーミングはもとより
外来種問題などにも迫っていて、コアは意外にシリアス。

興味深いところでは環境先進都市ドイツは"カールスルーエ"と
われわれの街"名古屋"の違い、なんていうのもありました。

そんな彼の考え方には当然共感するところが多く、
"お誘い"にはもちろんふたつ返事でOKしました。

撮影の場所は季節的に管理釣り場。
なんといってもフライフィッシングの経験が数回の彼と、
全く未経験の"水野エリ"ちゃんの二人に何とか自力で
釣ってもらわなくては"絵"になりません。

ロケーションでいったらまた段戸湖かな?
とも思ってたのですが、釣りそのもののハードルが彼らには高そう‥
で、少しは簡単にイケそうな"美濃フィッシングエリア"に決定。

そんなわけで、今週の水曜日、
久しぶりに片知渓谷まで足を運びました。

天気も良く、そろそろ山が色づき始めている片知は綺麗でしたね。
美濃フィッシングエリアは、
自然の渓流を利用しているこの地方唯一の管理釣り場。

橋の上から見ると、瀬やプールの流れに見え隠れする、
30センチほどのアマゴ達が時折ライズを見せています。

僕的にはそちらに魅力を感じましたけど、
撮影はその横に常設してあるポンドエリアで‥

初めはやはりキャスティングに苦労しましたが、
最終的には何とか番組になったようで……
Vを見るのが楽しみです。
e0136764_22491243.jpg

彼らが釣った魚は人数分キープさせてもらって、
お腹一杯にローズマリーを詰め込んで、
ダッジオーブンを使ったホイル蒸しにていただきました。

久しく食べた事のなかったニジマスですが、
手間がかかったものをいただくと、
これがとても美味でした~

そんないつもと違った一日、少し新鮮で楽しかったですね…
by watchett2 | 2008-10-16 22:41 | diary | Trackback | Comments(4)

キャスティングスクールを行いました‥

今日は朝から雨。
結構本格的に降っています。

"体育の日"だった昨日は3人で企画した
キャスティングスクールの日でした。

一昨日の日曜も北西風が強く吹いていて、
薄着だと寒く感じるほど気温も下がってたので、
何よりも天気を心配していたのですが‥

午前中はユスリカのスウォーミングが
水辺のあちこちで見られるほどの穏やかさ、
午後からは少し風が出て、
右手からの方向でしたからライトハンドのオーバーヘッドが
少々やり辛い面もありましたが、
スペイキャストには全く問題ない条件。

良かったですね~一日ズレてなくて‥
本当にツいてました。

ご参加いただいた23名の方々、
お楽しみいただけたでしょうか?

少しでもプラスにしていただけたらありがたいのですが‥

とにかく、一日お付き合いいただき本当にありがとうございました。

今度は、釣りでご一緒したいですね。
また何か企画しますので、ぜひご参加ください。
e0136764_16105579.jpg

スクールの模様は近いうちにHPでお知らせいます。
また見てやってください…
by watchett2 | 2008-10-14 17:00 | flyfishing | Trackback | Comments(0)

SAGE "TCX"

先週末、SAGEの09モデルが入荷してきました。
いつもなら新しい商品は11月の声を聞いた頃にデリバリーが始まるのですが、
今年はやけに早かったです。

09のSAGEはTCRの後継シリーズ"TCX"が何といっても目玉。
e0136764_23284942.jpg

赤いブランクだったTCRと打って変わって
明るいグリーンのコスメで仕上がったTCXは驚くほどの軽さでした。
僕が使おうと決めたのはとりあえず9'#6のモデル。

早速このロッドを持って今週の木曜日、
久しぶりに管理釣り場に行ってきました。

"段戸湖"に着いたのは朝6時ちょっと過ぎ。

管理釣り場に行くのに気合い入れて‥なんて思われるかもしれませんが、
早起きの目的は実は…キノコなんです。
段戸湖の周りの山にはこの時期キノコが豊富で、
朝一番にこれをしないと落ち着かないんですよね‥
e0136764_23291827.jpg

4時間ほど山を歩き回って、
今回は"アカモミタケ""ウスヒラタケ""タマゴタケ"の3種類を確保!(笑)
どれも美味しい種類なんです。

しっかりとお土産をキープしておいて、
10時過ぎに釣りをスタート。

TCXは芝生の上で何度かキャストしていたのですが、
やはり実際に釣りで使うと印象が違います。

少しウェーディングしたポジションからキャスティングを始めると、
その性能にまたしても驚かされました。

50フィートヘッドのWFラインを楽々キープできるし、
当然シュート力も抜群。
TCRとの大きな違いはキャストそのものがとても簡単になったこと、
そして、よりフレキシブルなティップセクションが魚とのファイトを
ずいぶん楽にこなしてくれます。

去年の秋、SAGEの裏手にあるキャスティングポンドで
いろんなロッドの試投をさせてもらっていた時、

「来年は期待してろよ」

と、ジェリー・シムが笑いながら意味ありげに言ってましたが、
これのことだったんだ‥

しかし、フライロッドのアクションが
ここまで進化していくなんて想像もできなかった。
それほどTCXの出来は素晴らしいものでしたね~

段戸湖の状況は、午前中、#18のドライフライとミッジピューパで
一時はワンキャスト&ストライク状態。
ティペットは8Xあたりに下げたほうが魚の反応も良かったです。

周囲の木々も少し色づいていて景色もきれいでしたね。
今月下旬あたりが紅葉のベストシーズンでしょうか?
また近いうちに足を運んでみようかな‥
e0136764_23295392.jpg

それにしてもTCXは久々にキャスティングが楽しく思えるロッド‥でしたね。
by watchett2 | 2008-10-11 23:36 | flyfishing | Trackback | Comments(2)

Mel Krieger has passed away・・・

e0136764_22523634.jpg

本日、F・F・F・から悲報が届きました。

世界中のフライフィッシングに多大な影響を及ぼした、
あのメル・クリーガーが逝ってしまったのです。

寂しすぎますね‥

心よりご冥福を捧げます…
by watchett2 | 2008-10-08 23:13 | flyfishing | Trackback | Comments(8)

採行は最高!

木曜日、開田高原にキノコ採りに行きました。

この季節の山へはたいてい一人で、
リバーを連れて出かけることが多いのですが、
今回は釣り仲間3人での"採行"(こんな言葉あるのか?)。

先週見つけた"アミタケポイント"は川の対岸で、
ウェーダーを履かないと、行くことが出来ない山の斜面だったから、
別に慌てなくてもよっぽど採られることはない、とも思ったのですが、
そこは意地汚い釣り人根性。

「誰よりも先に」と目一杯早朝に到着し、
まだうすら寒い中そそくさとウェーダーを装着しました。

おなじみの顔ぶれで、ウェーダーを履いたい出立ち‥
しかし、手にはロッドがなく、なんだか見た目のバランスが悪い。

川に降りるとどうしても魚のいそうなポイントに目が行ってしまうし、
水辺を音を立てずにソロソロと歩く自分もいた(笑)
体の隅々にまで浸透した習慣って言うやつですかね‥

ガレ場を一気に駆け登り、斜面に広がるカラマツの林の中、
目を凝らしながら例の"アミタケ"を探すと…
残念ながら、一週間前にちょうど採り頃だったアミタケは
ほとんどカサが開ききってしまい、
しかも雨に打たれ、とろけ気味で気持ちの悪い状態でした。

開きすぎたキノコには虫がいっぱい集ってくるし、
味も良くないですしね。

それでも周囲を隈なく探して見ると、
あちこちにイグチが顔を出してるじゃあありませんか。

イグチはカラマツの林の常連顔。
傘の裏側がスポンジ状になっていて区別もつきやすい。

イグチの仲間には"毒"の種類も稀にあるそうですが、
ほとんどが安全に食べられる、いわばビギナー向けのお手軽種なんです。

その日採れたのは毒々しいカラーの"ハナイグチ"。
一番おいしそうに見える粘膜系の"ヌメリイグチ"。
そしてちょっと見た目は疑わしい"シロヌメリイグチ"の3種類。

どれもヌルヌルして、ゴミも沢山付着していているし、
正直、見た目はよろしくない。

ところが、鍋にしても、茹でてオロシポン酢で食べても、
簡単なところでは味噌汁の具にしても、
びっくりするほど美味しくいただけるんです。

夢中になって山を這いずりまわって、
ぎりぎり3家族分を頂戴しました。

楽しかったけど結構ヘトヘトに‥

下りてきていつもの野菜販売所を覗くと、
そのイグチ達、ひとパックがたったの300円!!
販売所のおばちゃんに「買った方が早いよ~」って言われましたけど、

釣りと同じく、そう言ったものじゃあないですよね~(笑)
e0136764_1772389.jpg

帰り際、あちこちの橋から下を覗き込むと、
いくつかライズを見つけることができました。
魚達はようやくゆっくりとした食事にありつけている様子‥

そんな秋の開田高原を楽しみつつ帰路に着きました。

採れたキノコは夕べ鍋にして全部いただきました。
美味しかった~~!!また来週も頑張ろう‥
by watchett2 | 2008-10-04 17:09 | diary | Trackback | Comments(0)

シーズン・イン

今年の渓流シーズンが遂に終了してしまいました。
やっぱり気が抜けてしまいますね。

この何年か10月は続けて遠征に出かけていたので、
シーズンオフに入ったばかりの、
このなんとも言えない脱力感をしばらく味わっていなかったんです。
しかし、今年は残念ながら、遠征の計画は一切無し‥
滅入りますね~

今週からモチベーションをどこに向けたらいいんだろう‥

‥なんて、少し後ろ向きになっていましたが、
いつまでもションボリしてられません。

そうそう、この季節、山はお宝いっぱい、
キノコのベストシーズン到来なんです。
キノコ採りは確かに"誤食"といった危険なリスクもありますが、
それを目的にした山歩きそのものが楽しいし、
樹木の種類など"山"そのものを覚えるきっかけになるんですよ。

そして、見つけた時の興奮と来たら‥

去年はオリンピックペニンシュラの森で、
"ゴールデン・マッシュルーム"を沢山採って
パスタに入れて濃厚な味を楽しみましたし、
ケイラム・リバーのほとりでは
"パイン・マッシュルーム"をガイドと一緒に探して、
贅沢な"マツタケ御飯"を御馳走になりました。

どこのフィッシングガイド達も魚と同じくらいキノコに目がなく、
時には釣りそっちのけで夢中になってしまうほどキノコ採りは魅了的なんです。

日本の山はカナダやアメリカに負けないくらい豊かで、
食用キノコの種類は非常に多いといわれてます。

先週、開田高原で釣りの最中、
気になる山の斜面を見つけてひたすら登って行くと、
カラマツ林の中にいくつかの"アミタケ"を見つけました。
アミタケは地面から生えるタイプの代表的な食用キノコ。
これも美味しいんですよね。

まだ小さな幼菌も周りに沢山見られましたから、
今週あたりが採り頃かもしれません。
良い具合に適度な雨も降ってますしね。

また、採れたら写真でお見せします‥
‥って写真見せられてもあまりうれしくないと思いますから、
皆さんも一度秋の山に是非お出かけください(笑)
e0136764_23552836.jpg

ちなみにこの写真のキノコは正真正銘"毒"ですのでお気をつけて‥
by watchett2 | 2008-10-01 00:01 | diary | Trackback | Comments(2)


フライフィッシング中心の生活に写真、犬のことなどさまざまな日々を。。。


by watchett2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

スクールのご案内
イベントのご案内
flyfishing
photo
diary
Watchett

フォロー中のブログ

岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
terry's Rive...
一から出直し修業的毛鉤釣
ちちこ釣然草
(続)我流・天声・を・書く
37℃
THOMAS&THOMA...
terry's Phot...
気ままなFly Fishing
毛鉤蔵人
thunderhead 入道雲
NO FALCONRY,...
ギフの山猿「フライ日記」
Taichi's Blog
江戸のゴリ松毛鉤釣り
高太郎の箸休め
Cloud Number 9
Fluxブログ
ロ★コンろーりー。
Mallard's Blink
すいすいストリーマー
Tomorrow is ...
ひさの日記
FLYING-AMAGO
気軽に行こまい
SINGLE FOCUS...
フライフィッシングでどこまでも
釣りは遊びやでぇ~!
四季の釣れ連れに!
No life
ミノムシの徒然日記
Dry Fly Fish...
釣りたいフライフィッシャ...
FFF(Fly Fish...
Fly Casting ...
アンパラなブログ フ...
I.T.Oの日誌
Late for the...
Fly Fishing ...
へたっぴのフライループ ...
花だんごの天狗のたわ言

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

最新のコメント

イーグルキーパーさん コ..
by watchett2 at 04:46
蒲田も良いけど 今年の..
by イーグルキーパー at 19:51
明日は本番ですね。笑 吉..
by 小笠原 at 20:11
イーグルキーパーさん お..
by watchett2 at 12:46
小笠原さん 先日はお疲..
by watchett2 at 12:42
本流筋は厳しかったみたい..
by イーグルキーパー at 22:00

最新のトラックバック

犀川解禁 ・・・・・ A..
from Go easy ! St..
Fly Casting ..
from Go easy ! St..
メバル釣行・・・・・in..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
久々のSWFF
from Go easy ! St..
久しぶりの・・・・
from 岡田裕師のブログ

タグ

ファン

ブログジャンル

アウトドア
釣り

画像一覧